シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 11日

アルゴ

前売り券を取り扱っていなかった作品ですが、
うっすら(今年ナンバーワン?になるかも)っていう作品の
ご紹介です。

ベン・アフレック監督・主演「アルゴ」。

a0109625_1795027.jpg
© 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.



机に向かって専門家の話を聞いててもまるで
興味が湧いてこなかった私は
今ごろ映画で歴史を学んでおります。

「アルゴ」は1970年代後半におこった
イラン革命にまつわる在アメリカ大使館人質事件に
ついて描かれたもの。

2時間ちょっと。
わたしはつい30年前にこんなことが起こっていたのかと
心臓バクバクで
すべてを頭の中に叩きこもうと前のめりで鑑賞してました。

イラン在アメリカ大使館で起こった暴動で、
人質になった職員のほか、
自分たちで脱出した6人の男女がいた。
彼らはなんとかカナダ大使の家へ身を潜めるが
革命家たちにこのことがバレないうちに
一刻も早く彼らを救い出さなければならなかった。

そこで起用されたのがCIAに勤める
人質救出のプロフェッショナルである男性。

失敗すればこれに関わった人間すべてが
惨い公開処刑となってしまう。

彼はある大胆なアイデアを思いつく。

実際、当時の映像も時々映し出されて
この作品はまるでその時のように正確に作り出されているんだなって
感心しました。
公開処刑など目を覆いたくなる場面も多々ありました。

政治や宗教に関して異見は述べませんが、
ただ自分たちを思いを命かけて訴えようとするパワーには
圧倒されているのです。
[PR]

# by ticketport | 2012-11-11 17:09 | ドラマ
2012年 10月 13日

最強のふたり

a0109625_22355436.jpg
© 2011 SPLENDIDO/GAUMONT/TF1 FILMS PRODUCTION/TEN FILMS/CHAOCORP


最強のふたりを観た。

「この人なしには!」っていうくらいの存在に
いつどこで、どんなふうに、どんな状況下で出会えるんだろう?

立場とか過去とか
そんなの関係なくって、
お互いがいない人生なんて考えられない
一緒にいるとついつい笑顔が溢れてしまう存在。

この2人は
首から下が動かないお金持ちの男性と、
スラム街出身の黒人の青年。
障害者と介護者という立場。

立場的には一方的に不可欠な存在ではあるけど
その存在は次第に互いの心の支えにもなっていく。

べったりではなく
いい距離感をもって。

それなのに、この2人は
互いの存在に甘んじることなく次のステップへと
昇って行こうとする。

2人でいるときはいっつも笑ってたけど
ラストシーンの「笑顔」が
「最強な関係」を表わしてたような気がする。
[PR]

# by ticketport | 2012-10-13 22:58 | 感動
2012年 09月 22日

メリダとおそろしの森

a0109625_22292641.jpg
© Disney/Pixar All Rights Reserved.


なんか興行成績的には振るわなかったそうですが、
わたし好きです。
こういうお話。

そして映像美!

これだけでも観る価値あんじゃない?
って思わせてくれるよ。

とくに、メリダちゃんの赤髪。

メリダちゃんにシャンプーのCMキャラクターを!!

王女として生まれたメリダへ
厳格な母親の教育はとても厳しく、しばし対立をしてしまう。

ある日、母親と言い合ったメリダは森の中で出会った魔女に
自分の人生を変えて欲しいとお願いをする。

魔女はその要求をのみ、
ある魔法を唱える・・・・・・・・・・・・・・。

そのあとに予想だにしない変化起こることを
メリダは知る由もなかった。

母親と娘とのお話。

血のつながった女性だからこそ
ぶつかっちゃうときもあるはず。
正直存在を疎ましく思ってしまうときもあるけど、
そんなの本心ではないから。

いろんな壁を乗り越えて絆は強くなっていくものなんだって
3匹の子熊ちゃんたちを観ながら思ったのよ。
[PR]

# by ticketport | 2012-09-22 22:41 | アニメ
2012年 09月 15日

テイク・ディス・ワルツ

a0109625_21523619.jpg
© 2011 Joe’s Daughter Inc.All Rights Reserved.


好きなサラ・ポーリーの監督最新作。

「take this waltz」を観た。

結婚5年目の夫婦の間に訪れる転機。

隣の芝生は青く見える。

いいものを手に入れたとしても
高嶺をさらに見たくなる。

例え、それがないものねだりだったとしても。

「パーフェクトな幸せなんて存在しないのよ」
って言う劇中のセリフが耳に残る。

たぶんわたしはそこを望みすぎて
今でも1人なんだって実感してしまった。

妥協ってやつを、
私の人生の中へ気付かないように組み込んでくれたらいいのに。
[PR]

# by ticketport | 2012-09-15 21:57 | ラブストーリー
2012年 09月 15日

おおかみこどもの雨と雪

a0109625_18462847.jpg
© 2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会


細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」を観た。

物語自体「こんなことありえないでしょ?」って思ったら負け。
そもそもこれはアニメであり、映画なのだ。

頭の中にこの世とは別に世界を広げて
物事を空想して夢を描くからこそ
実際の世界をやってけてるのだって思う。

事実だけだったら、辛くて泣いちゃうよ。

妄想してなんぼ。
そっからいろんなものが生まれてる。

細田監督の作品は観た後、
いつもそんな思いがわたしの心に残っているんだなぁ。

人間とおおかみとの子ども雨と雪。

ある理由で人間の母親が
ふたりのおおかみこどもを育てることになる。

違う方向へと成長する2人。

これまで母親が決定していた2人の「道」を
今度は自ら探し、そして歩んでいこうとする。

それを受け入れる人間の母親。

人生の中に必ずや起こる、そして現る「異」との
共存とは?
[PR]

# by ticketport | 2012-09-15 21:01 | アニメ
2012年 08月 11日

ヘルタースケルター

みなさん、こんばんわ。

映画結構観てるんだけど
言葉がうまく見つからず更新できませんでした。

すいません。

そんなわけで。

エリカさんが主演して話題になってる
「ヘルタースケルター」です。

a0109625_22302358.jpg
© 2012 映画『ヘルタースケルター』製作委員会

トップスターりりこ。
彼女は誰もが羨む美貌の持ち主であるが
本当は全身整形。

芸能界という世界で生き残るために、
また築き上げた金・地位・光りを維持するために
「りりこ」に携わる人間たちが彼女を乱してゆく。

まぁレロレロ感たっぷりで
エロさ満点です。

人間の強欲さを三大欲のひとつである「性欲」に置き換えて、
弱さ、醜さ、汚さ、でも逃れられないその魅力に
引き込まれてっちゃう、人間の姿を蜷川さんは映し出そうとしたのかな?

と深く考えるて思ったりしました。(えらそうにすいません)

エリカさんはいろいろ私生活であまりいい報道がされませんが
わたしはテレビドラマ「1リットルの涙」で彼女のことを
初めて知って勝手に彼女を有望視してました。

まぁそのあといろいろあったんですけど、
この作品をみて
やっぱりエリカさんのオーラってハンパないなぁ。
って再確認したわけです。

いやしかし、
芸能界っていう世界がここで映されたような欲の塊であるならば
エリカさんをこの作品の主人公りりこのようにはして欲しくないな
と感じてます。
[PR]

# by ticketport | 2012-08-11 22:30 | ドラマ