シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 03日

インサイド・ルーウィン・ディヴィス 名もなき男の歌

a0109625_1622997.jpg


魂の歌か、負け犬の遠吠えか。

1960年代初め、売れないフォークシンガーの報われない一週間。
しみじみと、ユーモアとペーソスを交えて綴られる作品。

ショウ・ビジネスのトーテムポールの最下層にいる彼は、
その日、寝る場所にも困るような生活の中で、友人たちの
助けを借りながら暮らしています。

彼には才能がないわけではありません。世間との折り合いをつけるのが不得意で、
また、自分の信念に対しても強いこだわりもあります。それが故に頑張っても報われません。

彼のその不器用な生き様こそが、この映画の主題です。
その不器用さが、彼の歌、音楽をより一層引き立て、淡々としていながらも、
見応えと不思議な「軽さ」を感じさせてくれました。


実在のフォークシンガーがモデルとのことですが、
その人については知らないほうが逆に楽しめるかもしれませんね。
ただ、50年代末から60年代初めののアメリカのフォークシーンに
ついては少し知識があるといいかも…?

あと、やっぱり音楽がいい映画は映画館で観るのが一番だな、と再確認しました。
フォークギターの繊細な音とか、シンガーの息遣いが聴こえてきます。
[PR]

by ticketport | 2014-06-03 16:02 | ドラマ