シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 31日

ミッドナイト・イン・パリ

みなさん、こんばんわ。
わたしは元気です。
もう今年も5カ月が過ぎようとしています。
ヤバイヨ、ヤバイヨ。

a0109625_2242656.jpg
©2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

ウディ・アレン監督最新作
「ミッドナイト・イン・パリ」観ました。

大人の恋愛で必須なのはこれでしょ!って
ドバ~ンと!!
映し出された素敵な素敵な作品です!

何度うなずいて膝を叩いたか・・・・・・・。(笑)

皆さ~ん。ミデクダザイ・・・・・・・・・・・。
そうしたら「そうなんだよ、大事なのってこれでしょ?」ってね。
それでもって王子様orお姫様と相思相愛になれる、なりたい。なれない。
オイ!

パリの素敵な街並みを舞台にして。

それでも全体的に映されてるのは
小説家を目指す男性が憧れるばかりに
1920年代パリへタイムスリップしてしまう
っていうお話なんですけどね。

その話はその話でとっても素敵です。

その時代の有名人・著名人をビッグな俳優たちが
演じてるんですから。

これこそ映画!

って呼ばずにはいられない。
さすがウディ・アレン様。

またお願いしますよ。

追伸:ウディさま、今回の選曲もようござんした。Love❤
[PR]

by ticketport | 2012-05-31 22:55 | ラブストーリー
2012年 05月 24日

「ファミリー・ツリー」

a0109625_22161852.jpg
© 2011 Twentieth Century Fox

すんません。酔ってます。
皆さんに「映画愛」を押し付けます。

映画が好きだ~~~~~!!!!!

「ファミリーツリー」観たよ。

つまりのとこ。

失って気付く「大切なもの」。
近くにいると気付けない「大事なその存在」。

元には戻せないから。

今ってやつを大切にするしかないんだって。

想いは相手がいるからこそ伝えられるのですね。
心へぶつけてこう。
(迷惑なんて言わせないから)


妻が事故で意識不明状態。
家のこと、娘の世話をする夫が知った妻の浮気。

家庭を顧みることなかった男性に対する「罰」のような
できごと。

娘は自由奔放に生きて、どう接していいかわからないし、
妻の浮気相手が気になって仕方ない。

夫よ、あんたどうするつもりだ?

ハワイ暮らしも楽じゃないと、作品の中で言うけど
東京でこの状況よりは格段にいい方向へ進む気がして
ならないけど、どうなんでしょうか。
[PR]

by ticketport | 2012-05-24 22:42 | 感動
2012年 05月 20日

「12Lotus]

a0109625_19342718.jpg

シネマート六本木で開催されていた
「シンガポール映画祭」にお邪魔してきました。

「12Lotus」。

ここまで悲しい切ないお話初めだわ。
それなのにあまりのテンポのよさとか、
シンガポールの芸能「歌台(ゲーダイ)」でのショーや、
ミュージカルっぽい出演者の歌を聞いてると
切なさが減る・・・・・、「減る」?違うなぁ。何かな?

この女性に光が当たるのかって言う興味のほうが
悲しい感情より勝っちゃうのかな?

父子生活。
父親は「歌台」で演奏者として働くが収入はあまりなく、
借金が増えるばかり。
娘を「歌台」の歌手にすべく、スパルタ教育。
娘は父親に逆らうことなく、いつか自分にも幸せが訪れるんだと、
信じて神に祈る毎日。

しかし、彼女に訪れるのは
「不幸」ばかり。

恋は盲目と申しますが。

悲恋は人生の糧になると言いますが・・・・・・・。

これ以上切なくて書けないわ。

ラストシーンを
私は「希望」と名付けて
これはある意味ハッピーエンドなんだって思ってます。

初シンガポール映画でした。
[PR]

by ticketport | 2012-05-20 21:30 | ドラマ
2012年 05月 17日

「ももへの手紙」

ももへの手紙を観ました。

a0109625_2384849.jpg
© 2012『ももへの手紙』製作委員会



何というか「これは観なくちゃいけないなぁ」って
心にピピッときたもので。

いやぁ。
良かったです。

父親を亡くした少女ももは、
母の実家である瀬戸内海の島へやってくる。

父親がいなくなる前、ケンカ別れをしたももは
今もなおそれを悔やんでいる。
父親が遺した「ももへ・・・・・」とだけ書いてある手紙。

「お父さんは私に何を言いたかったんだろう?」

瀬戸内海で新しい生活を始めた
ももの前に不思議な3人が現れる。

彼らがももの前に現れた理由とは?

便利な生活から、不便(便利すぎない)な生活を
強いられたももの姿は
幼いころ夏休みに1週間くらい田舎に泊ってた自分の姿が
重なってしまった・・・・・・。

もう本当風景画がバリうますぎて
絶対これは瀬戸内海へ行かないとダメでしょ?って
たぶん鑑賞した人のほとんどが思っているはず。

あったかいよ~。人とのつながりって。

「きずな」ってこいうことなんだよねって
再確認。

人間同士の付き合いはこういう所で繋がって
いざってときに「きずな」となって戻ってくるんだと思う。

助け合ってこそ、なんぼだから。

一瞬、ちょっとふざけた感じに思えちゃう内容ですが
芯はビシっとあります!
[PR]

by ticketport | 2012-05-17 23:25 | アニメ
2012年 05月 09日

5/11公開「幸せの教室」


a0109625_15282736.jpg
© 2011 Vendôme International, LLC. All Rights Reserved.



5/11公開「幸せの教室」を一足お先に鑑賞させて
頂きました。

学歴を理由にスーパーを解雇されてしまったラリー。
彼は妻と別れてひとり暮らし。
仕事が生きがいとなっていたため
ショックは計り知れない。

新しい仕事も中々決まらず
彼は学歴を求め、大学へ通うことにする。

そこで出会ったのは、
まったくやる気のない女性教授メルセデス。

やる気だけはあるラリーと
仕事に対してやりがいを見い出せないメルセデスとの
掛け合いが何ともおもしろい。

人生一生勉強ですよね~。
って再確認できる作品です。

ちけっとぽーとにて前売り券発売中!
[PR]

by ticketport | 2012-05-09 15:28 | コメディ
2012年 05月 06日

ブライズメイズ

a0109625_2113050.jpg
© 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED


ブライズメイズ観ました。

いやぁ、おもしろかったです。

場内の女子たち。
腹抱えてました。

男性の方、面白かったですか?
女性に100%向けて作られた作品だと思うので
ちょっと居ずらかったかもしれないですね。

親友のブライズメイズ(花嫁介添え人)のリーダー、
「メイド・オブ・オーナー」をお願されたことから
始まるドタバタ劇!(ニンマリ)

30代後半。
特定の彼はいないし、
財産はたいて開店したケーキ屋は倒産。
それでも親友と楽しい毎日をおくるのが楽しみなアニー。

しかし親友から「婚約」を伝えられ心中穏やかで
なくなる。

自分と比較し
幸せをつかんでいく親友に嫉妬心を抱いて
だんだんと、かわいくなくなるアニーは
苛立ち→自己嫌悪の繰り返し。

そんなアニーに優しくしてくれる男性にすら
拒否反応を示しちゃって、どんどん人が離れて行く。
もう彼女の人生がグチャグチャに!!

どうすんの?アニー?


「素直が一番、たまにはかわいくね❤」
[PR]

by ticketport | 2012-05-06 21:15 | コメディ
2012年 05月 05日

裏切りのサーカス

a0109625_2361624.jpg


ゲイリー・オールドマン主演
「裏切りのサーカス」を観ました。

場内満席。

暴力シーンなどが一切省かれているのに
言葉の「暴力」と言わんばかりの会話の攻防。

そして「視線」。

そこに隠された「嘘」。

英国諜報部”サーカス”がある作戦を失敗したことで
明るみに出る「二重スパイ」の存在。

スパイは一体誰なのか。

誰を信じて、何を見て、スパイを挙げればいいのか。

捜査のすべてを任されたスマイリーの
司令遂行。

1回鑑賞しただけでは、やっぱり難しいかもしれない。
しかし、彼らの佇まいには「男」がプンプン臭いますぜ。

アクションも好きだけど
頭脳戦もはずせませんね~。
[PR]

by ticketport | 2012-05-05 23:15 | サスペンス