シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 24日

フロスト×ニクソン

アカデミー賞が発表になり「おくりびと」「つみきのいえ」が
クローズアップされ続けていますが、私としては「アカデミー賞」
全体も、もっとニュースとして取り上げてほしいなと思います。
(快挙なので仕方ないんですけど)
この2作品以外の受賞者の動画を未だに観ることができていません。

ケイト・ウィンスレットは6度目のノミネートでようやくつかんだ
オスカーだし、「ミルク」「スラムドッグ$ミリオネア」も題材が
興味深いものですし、それでも邦画がノミネートされてないときとか、
受賞を逃したときの報道から比べらたら・・・よかったんですよね。

a0109625_20361382.jpg


今日はアカデミー賞にノミネートされるも、受賞を逃した
「フロスト×ニクソン」(3/28公開)を試写室で観させていただきました。

1974年アメリカ大統領としては唯一任期中に大統領を辞任した
リチャード・ニクソン。
彼が起こした「ウォーターゲート事件」の非をTV画面において
認めさせさらに国民への謝罪を求めるために
インタビューに挑むのはイギリス・オーストラリアのお茶の間で
有名なTV司会者&プレイボーイのデビッド・ニクソン。

それぞれ優れた仲間を従えて
4日間のインタビューという戦いが始まろうとしていた。

実話をもとに作られたこの作品は、同じ出演者で舞台となっていて
大好評を得ていろいろなところで上演されたそうです。
それを目にした「ダヴィンチ・コード」「ビューティフル・マインド」
監督ロン・ハワードが映画化を希望。

ニクソン役はフランク・アンジェラ。
そしてフロスト役にマイケル・シーン。
個性豊かな俳優陣がスクリーン上でも緊迫したやりとりを
私たち観客を巻き込みながら進めていきます。





[PR]

by ticketport | 2009-02-24 21:03 | ドラマ
2009年 02月 20日

愛を読むひと

a0109625_22375173.jpg


6月19日(金)より公開になる
「愛を読むひと」を観させていただきました。

アカデミー賞で作品賞・主演女優賞・監督賞などにノミネート
されている、この作品。

静かにしかし情熱的に物語は進みます。

主演のケイト・ウィンスレット。
最初は「レボリューショナリーロード」に
専念するためこの役を一旦は断るも、代わりに引き受けた
ニコール・キッドマンが妊娠したために結局ケイトが出演する
ことになったそうです。

「レボリューショナリー・ロード」に引き続き
切ない女性の役だったけど、彼女でよかったと私は思います。
すっごい美人でもなく、すっごいスタイルがいいわけでもなく
それでも彼女には女優として最高な雰囲気があるわけです。

ベストセラー小説「朗読者」の映画化。
舞台は1950年代ドイツ。
15歳の少年ミヒャエルと36歳の女性ハンナが恋に落ち、
会うたびに彼女は彼に「朗読」をせがむ。

ある日、女性は突然姿を消す。

時が流れ8年後、法律を大学で学ぶミヒャエルが授業の一環として
訪れた法定の被告席には忘れたことのなかった
ハンナがいた・・・・・・・・。

青年の今を演じるは、先日「ある公爵夫人の生涯」で冷淡侯爵を
演じたレイフ・ファインズ。

彼女が行った罪。
自分を「愛している」と言いながらも突然姿を消した彼女。
彼女を否定しながらも、いつまでも彼女を忘れることのできない
自分。

あらすじみたいになっちゃうんで、ここらへんで。

昔の愛と、現代の愛。
今を生きる私にはたぶん感じることのできない
「重み」を覚えました。


[PR]

by ticketport | 2009-02-20 22:57 | ラブストーリー
2009年 02月 20日

その夜明け、嘘。

「その夜明け、嘘。」

~行け!環七を。太腿のはちきれんばかりに。~

締切に追われ、逃げ出す漫画家。
漫画家を追う、彼女のアシスタントと編集者。
ひたすら環状七号線をチャリンコで走るロード劇(?)


a0109625_9413310.jpg


  主演 宮崎あおい・吉本菜穂子・六角精児 

        V.S.

      観客350人

青山円形劇場をフルに使ったこの作品。
この3人で何役をもこなし、黒子にさえなる。

妄想族にはたまらない劇でした・・・・・・・・・。




[PR]

by ticketport | 2009-02-20 09:49 | 番外編
2009年 02月 17日

7つの贈り物

a0109625_22191469.jpg


今週末21日から公開になる「7つの贈り物」を
試写会で観させていただきました。ありがたや、ありがたや。

ある過去を背負った男が、ある7人を見つけ出し、
ある贈り物をするというお話。

たぶん最初の5分くらいでその意味が解けるんですけどね。
この作品にとって、そこが要点ではないと思う。

さまざまな立場から観ることができるので
たぶん賛否両論分かれるであろう・・・この作品。

あなたがウィル・スミス演じる彼の立場に立った場合、
どう生きますか?

私がもし重い何かを背負ったら、
背負い続けながら、与えられた道を一歩づつ歩みたい。



[PR]

by ticketport | 2009-02-17 22:25 | ドラマ
2009年 02月 14日

長髪大怪獣ゲハラ

a0109625_20511016.jpg

みなさん、今晩ワイン。
バレンタインデーいかがお過ごしでしょうか?
ふぅ~~~~~。(溜息山王)

じゅんに招かれて赤坂プリンスの隣にある千代田放送会館へ。
(妄想中)

NHK火曜深夜番組「テレ遊び パフォー!」の中で、みうらじゅんが
「日本一かっこいい怪獣が見たい!」ってことで視聴者から怪獣の
イラストを募集して、グランプリに輝いた「ゲハラ」のために
結成されたプロジェクトが半年の年月を経ていよいよ映画となりました!

で今日はその完成記念の上映会だったわけです。

番組司会者のペナルティ・大沢あかね、
「大怪獣ゲハラ」の脚本みうらじゅん、
製作総指揮樋口真嗣(日本沈没・隠し砦の三悪人)
そして監督田口清隆、主演の大沢健(久し振り!)藤井美菜など
お腹いっぱいのメンツでしたね。

トークショーのあと上映会。
上映会っていってもたったの15分。
笑うところがいっぱいなのにちょっと切ない。
あっという間の15分、されど濃い15分。

丘みつ子、田口トモロヲ、津田寛治、佐野史郎など
味のある人たちがダシ出してます。

能登半島に突如現れた長髪で人を襲う怪獣ゲハラ。
ゲハラの目的はいったい何なのか!!!

24日深夜こちらの模様が放送されます。
(私,映ってるかな?)






[PR]

by ticketport | 2009-02-14 20:51 | 番外編
2009年 02月 11日

旭山動物園物語~ペンギンが空を飛ぶ~

津川・・・マキノ雅彦監督の「旭山動物園物語」を観ました。

マキノさんと雪路の別居問題やご自身の病気、
そして勘太郎さんとの結婚が秒読みとなった前田愛さんの
出演もあり公開前から話題になりましたね。

私は一徳と動物が目的ですけどね。うふ☆

a0109625_19281499.jpg


存在に疑問を持ってから敬遠してた「動物園」の意義がちょっと
わかった気がしました。

入園者数が年々減っていた「旭山動物園」の閉園危機に奮起した
スタッフたちそして園長小菅さんの姿にみなさん涙してました。

1つのことに、みんなで踏ん張ることって
やっぱり素敵です。
年齢も役職も先輩後輩も関係なく、行動する姿があって
今の「旭山動物園」があるんだなぁ。




[PR]

by ticketport | 2009-02-11 19:36 | 感動
2009年 02月 10日

ある公爵夫人の生涯

a0109625_23221743.jpg

4月ころに公開になる「ある公爵夫人の生涯」の完成披露試写会に行かせて頂きました。

場所はテアトルタイムズスクエア・・・。
新宿高島屋の12階。
「エレベーター!!!」
年々短くなる私の耐える気持ちの限界。

主演は私の憧れの女性、キーラ・ナイトレイ。
「ラブアクチュアリー」の冒頭の結婚式シーンに
憧れたもんだわよ。

こちらは不運な結婚に見まわれた公爵夫人の半生でございます。
イギリス皇太子妃だったダイアナが彼女の直系子孫にあたるそうで
これは真実のお話なのです。

18世紀イギリス。
誰もが羨む侯爵夫人となったジョージアナ。
ファッションに敏感で、お酒をたしなみ、賭け事にも
男性に負けずに挑戦する。
彼女はイギリスにおいて憧れの的となっていたが、
しかし夫はお世継を産む人間としてジョージアナと
結婚しただけであり、結婚に愛は存在しなかった。
夫の愛人と自分たち家族とのおかしな生活。
そんな中、出会った男性との愛を貫こうとするが・・・。

晩婚が進んでいる世の中。
また若い人たちが結婚から逃げてしまいそうなくらい
非情な結婚生活が映し出されてますが。

すごいです。
キーラ・ナイトレイの美しさ。
そして夫デボンシャー侯爵の冷たさ。
愛人の強さ。
子供の存在の大きさ。

「愛」っていろいろに形を変えて私たちの前に
現れるのね。

キーラ・ナイトレイばっかりで申し訳ないんですけど
「つぐない」に続き素晴らしいんで、ぜひどうぞ☆

[PR]

by ticketport | 2009-02-10 23:39 | 人生
2009年 02月 07日

大阪ハムレット


a0109625_2215265.jpg

(今回はニセ関西弁やで)

シネスイッチ銀座にて「大阪ハムレット」観てきたで。
あんまりPRされてへんからな、そんなお客はんも入ってへん
やろぉ~?って思うてたら、あかん。
結構な入りやったで。

大阪の下町に住む久保家。
育ち盛りの息子3人と母ちゃん残して、
突然お父ちゃんが死んでしもうて。
(父ちゃんは、あの人や!)
そしたら葬式に父ちゃんの弟って人がやってきて
そこから居候となる。

息子3人はちょっと変わりもん。
長男は歳ごまかして大学生と付きおうてるし、
次男は「ハムレット」を片手に持つ不良。
3男は女の子になることを夢見て冷ややかな目も
気にせず生きてはる。

そんなはちゃめちゃな息子たちを切り盛りしてる
母ちゃんは、松坂慶子。
歳食うてきて、結構肉づきもええけど
なんか魅力的やな。

それでも大阪のおばちゃんぽく
威勢良く、シャレがきいてて、人と触れ合う。
格好ええ人でした。

居候のおっちゃん、岸部一徳はもう神や。

大阪のアツい人情劇を、東京で観ることができて
ほんわか幸せやったわ。

ほなな!


[PR]

by ticketport | 2009-02-07 22:16 | ほのぼの
2009年 02月 07日

エレジー

みなさん、こんばんわ。
週刊文春を定期購読することが最近の夢です。
大学生の時は毎週文春を売店で買って電車の中で読んでました。
いろんな世界の著名人がコラム書いてて
かなりオススメですが、友人はAERAのほうがいいと申してます。

a0109625_20321170.jpg


さて今日は「エレジー」を観てきました。
最近めっきり女らしく雰囲気出しっぱなしの
ぺネロぺちゃんが主演です。

「バニラ・スカイ」らへん。
そう、トム・クルーズと付き合ってたときとは
だいぶ変化してきて、いい味出してますね。

ウディ・アレンの新作にも起用されてるらしく
ヨハンソンと女の争いでもするのかしらん?

「エレジー」は女ったらしの初老教授が生徒の女性に心奪われ、
彼の気持ちを受け入れた彼女と付き合うように。
しかし年の差ゆえに、彼女への嫉妬心や自分の気持ちの高ぶり
を抑えることに苦労する。

教授のそんな気持ちが、ある行動出てしまい
2人は別れることになる。

8年後、彼女からの電話で再会するが・・・・・・。

男女とはすべてがタイミングと勢い、そして勇気なのかと
感じる、この作品。
最初は遊びのつもりで生徒に近づいた教授なんだけど
どんどんと彼女の魅力に包まれてしまう姿に
おもしろさを覚えると共に、年の差なんて気にせずに
思いを伝えればいいのに・・・もう!って思ったんだけど
そんな簡単にいかないのが
感情をもった「人間」ってものか。と切なくなった。

監督は「死ぬまでにしたい10のこと」のイザベル・コイシェ。
舞台は再びカナダ・バンクーバーです。





[PR]

by ticketport | 2009-02-07 20:32 | ラブストーリー
2009年 02月 06日

マンマミーア!

水曜日はレディースデー。ということで、レイトショーで「マンマミーア!」を観てきました。
映画を見終わって込み上げてきたのは「女に生まれて良かった~!」って気持ち。ABBAの音楽も、キャスティングも素晴らしい。でも一番の魅力はスクリーン上のすべての女性がみ~んなキラキラ輝いてること!
最初は、結婚式を目前にした娘のキラキラした瞳の輝きやピチピチのお肌に釘づけで「若いっていいなぁ~」なんて思うんです。でも話が進んでいくと、メリル・ストリープ演じる母親やその友人が“豪快なおばちゃん”からチャーミングで魅力的な女性に見えてくるから不思議!いくつになってもドキドキワクワクしてる女性はステキだ!って叫びたくなります。島の女性たちが一斉に歌うシーンも最高です!私、笑いながらもずっと涙が止まりませんでした。
やはりこの映画は女性に観て欲しいですね!舞台版がなぜロングランヒットしたのか、よ~くわかりました。男性は女心を知るために観てみては?バレンタインも近いですしね。
ちなみに、人気店「コールドストーン」では映画とコラボした“マンマミーア”というアイスを期間限定販売中。甘酸っぱくて美味です!お試しあれ。
[PR]

by ticketport | 2009-02-06 20:00 | ミュージカル