シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 31日

チェ 39歳別れの手紙

1月10日に公開になった「チェ 28歳の革命」の続編の
「チェ 39歳別れの手紙」を観てきました。
今日からの公開です。できたら連続して観たかった作品だけに
劇場へ走りましたとも!
嵐なんて、なんのその。(でもビチョビチョでした。)

a0109625_22444716.jpg

前作とは対照的な作風なだけに、
意見が分かれると思うんですけど、これこそ映画!
ってかんじで、オープニングのカストロが自分の政権に
なぜゲバラの名前が加わっていないのか説明する
代わりに、ゲバラからの手紙を読み上げるシーンは
至極、印象的に映りました・・・・・・・。

キューバに続き、今回はボリビアでの革命を狙った
ゲバラが、ゲリラを失敗し、射殺されるまでのお話です。

って内容は簡単に言っちゃえばそうなんだけど、
こんな2行じゃ書ききれない中身がぎっしりと、まるでピーマンの
肉詰めぐらいにぎっしりと!
※スターがちょろっと出てます

「ゲバラという人間すべてが後編にある」

ソダーバーグ監督と主演のベニチオに拍手を。

本当は3週限定の公開予定だった「チェ 28歳の革命」ですが
好評につき、さまざまな映画館で上映が予定されてます。




[PR]

by ticketport | 2009-01-31 22:52 | 人生
2009年 01月 27日

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

2月7日(土)より公開の「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を
いち早く鑑賞させて頂きました。

「ファイトクラブ」「セブン」のデビッド・フィンチャー監督作であり
さらにはこれらの作品でもタッグを組んだブラッド・ピットが主演。
それに主演女優がケイト・ブランシェット!
さらに加えるは先日のアカデミー賞の候補発表では13部門に
ノミネートだもん・・・・・・・。
あの試写会場の熱気と来たらないものよね。

まだ公開になってないし、みなさんウズウズされてるはず。
あまり語りません。

a0109625_21262872.jpg


80歳の体をもって産まれた、ベンジャミン・バトンの人生。
歳を重ねるうちに若返って行きます。

彼は次第に自分の体を受け入れて理解し、そして自分なり
の人生を歩み始めます。

彼という人間を受け入れる人はそんなにいないけれど
それがすべてではない。
彼を救い、彼を求め、彼を愛する人が人生の中に
たくさんいたのです。

それを丁寧に描いたこの作品は監督の新境地かもしれません。

それにしてもケイト・ブランシェットの美しさと
透き通った肌には驚愕であり溜息ものです・・・・・・・・。
同じ人間で同じ性別なのにね。

ブラピの青年時代のかっこよさは、まるでジェームス・ディーンや!
(彦摩呂)


[PR]

by ticketport | 2009-01-27 21:25 | 人生
2009年 01月 27日

催しがたくさん!科学博物館

ただいま、上野にある科学博物館では「1970年大阪万博の軌跡」
というイベントが開催中です。
まだ私が生まれる前に大阪でこんなイカしたイベントが開催された
なんてうらやましいY.

中では当時コンパニオンさんたちが着ていたユニフォームや
展示されていたものが数々披露されていたり、
じゃあこれらは現代ではどう進化したのか・・・?などと比較されて
たりしていて、実際にはその場にいなかった私にとっても
非常にわからいやすい展示の仕方だったと思います。

中でも「人間洗濯機」なるものは
今では介護用の浴槽の技術に活かされているそうです。

とりあえず岡本太郎氏「太陽の塔」だけは大阪へ行き実物を
見なければ!

a0109625_04094.jpg


同じく科学博物館では上野動物園の人気者
パンダたちが大集合!って剥製になっちまってますけど。
私のアイドルはやっぱりトントン。
トントンちゃんが生まれてすぐに会いにいったけど
立ち止まることを許されずに一瞬顔が見えただけ
だったなぁ。

それが今回はすぐ目の前。
「久しぶりね、トントンちゃん」


[PR]

by ticketport | 2009-01-27 00:42 | 番外編
2009年 01月 25日

レボリューショナリー・ロード 燃えつきるまで

「タイタニック」コンビのレオ様とケイト・ウィンスレットが
再び共演ってことで、盛り上がってる「レボリューショナリー・ロード」を
観てきました。

病んでるときはちょっと避けたほうがいいかもしれないこの作品。
私も映画を観終わって映画館を出たら外が暗かったら絶対に
沈む!って感じてちょっと早めの回へ潜入。
(それでも気になるこの作品)

ケイトの心に影のある?役での演技が私は好きです。
「リトル・チルドレン」のときもすごかったけど
今回も負けてませんね。
レオ様はもう若さが抜けて、「男」を醸し出して
何とも言えない味わいです。

a0109625_14485235.jpg


ある郊外の家に住む幸せな家族。
夫のフランクはいつか自分はヨーロッパへ進出して
ビジネスで大成功すると信じている。
妻は妊娠を機に、女優の夢をあきらめて家庭へ
入ったことの後悔を隠しながら生きている。

その「夢」を叶えようと夫婦はある賭けに出るが・・・。

自分たちだけは、ほかの平凡な人とは違うんだと
自意識高く持ちながら生きてきた夫婦が
周りの人たちと何も変わらない人間だと
気づいたときの絶望感と互いの存在意義を疑っていく・・・・・・・・。

この夫婦に限らず、
この世界には同じような思いを抱く人間が多数いると
思うんですけど、少なからず私もその1人だろうに。

それを気付くべき年齢にあっさり達してしまった。


監督はサム・メンデス。
妻は主演のケイト・ウィンスレットです。


[PR]

by ticketport | 2009-01-25 14:48 | ドラマ
2009年 01月 17日

007 慰めの報酬

「007 慰めの報酬」
24日(土)の公開に先駆けて今週土日に
先行上映がありましたので観てきました。

a0109625_2161819.jpg


前作「007 カジノロワイヤル」から1時間後という設定の
今作品。

愛するヴェスパーを裏で操っていた人間を追いかけていく
うちに、ある悪の組織の存在を知ることに。
ヴェスパーの復讐を誓ったジェームス・ボンドの孤独な
戦いを描いてます。

「カジノロワイヤル」を観た人も観てない人も
この作品を観る前にぜひ1度観てから
挑んでほしい!

不死身のダニエルに心撃ち抜かれちゃうわ☆
スーツの似合う男、う~んマンダム。

それにしてもボンド・ガールはいっつも溜息ものの
美しさ。今作品キュリレンコちゃんもたまんない。

あっという間の2時間。
最初から最後までアクションだらけの
ポップコーン映画です。


[PR]

by ticketport | 2009-01-17 21:07 | アクション
2009年 01月 15日

ZENは急げ!

2009年、私の記念すべき一本目は「禅 ZEN」でございます!

主人公は曹洞宗の開祖、道元。念仏を唱えずとも座禅をするだけで悟りは開けると説いたお坊さんです。

説教じみてる!線香臭い!なんて思うかも知れませんが、テンポ良く話が進むので退屈せずにどんどん話に引き込まれます。逆に展開が早すぎてついていくのがやっとなくらい。もう一呼吸、考える間があると良かったかな。

道元を演じるは中村勘太郎。最近ワイドショーを騒がせてましたが、そんなお年頃だなんて感じさせない貫禄で本当に素晴らしかった!セリフも表情も、とても自然ですべてに説得力があるんです。何より、所作のしっかりした勘太郎だからこそ、合掌や座禅の姿勢の美しさが際立ってたんですよね~。映画を観てるこっちまで、思わず背筋をピンと伸ばしたくなるくらい。あの凛とした美しさは必見です!

道元の生きた鎌倉時代は武士が実権を握った、時代の転換期でした。乱世こそ、己の中に仏を見い出す「禅」の思想が救いになるのかも知れません。私の行った角川シネマ新宿は、平日でも初回以外は満員が続いてるそうですよ。

2009年、世界中が平穏であればいいんですが…
難しいようですね。
[PR]

by ticketport | 2009-01-15 21:00 | 人生
2009年 01月 11日

チェ 28歳の革命

a0109625_18303317.jpg


皆さん、こんばんわ。

私の今年初めて鑑賞した映画は
「チェ 28歳の革命」です。

1月10日(土)に「チェ 28歳の革命」が公開で
31日(土)には続編「チェ 39歳別れの手紙」が
公開となります。

チェとは・・・・・、
皆さんおそらくTシャツやバッジなどで
1度はご覧になられているであろう
チェ・ゲバラのことです。

医者であった彼が、カストロと運命的に出会い、
無謀ながらも最終的に軍に残った12人という少人数で
キューバの独裁政権に革命を起こし、
それを成功させるまでのお話。

「革命」よりも「チェ・ゲバラ」という人間に焦点を
当てたこの作品。
彼がどんな風に考え、どんな風に周りの人間と
生き抜いたかを映しています。
特にラスト、次々と仲間が殺されていきながらも
知恵と軍の仲間意識の強さで勝ち討つときは
何とも言えない気持ちになります。

政治的思考をすべてなくして
ゲバラという人間を観るとなんともかっこいい
男性に感じます。

独裁を嫌い、弱者を庇い、男女なく皆に機会を与え
人を敬う、そして体力だけでなく知力も鍛える。

今もなお、世間で彼の顔が見られることが
恥ずかしながら今日わかった気がしました。

続編が今から楽しみだなぁ。
っつうか、一気に観たかった気もする。
ソダーバーグ監督の撮影の仕方と
色の使い方はいつもかっこいいっす。

ちけっとぽーとでは「28歳」「39歳」のセット券
販売中です。


[PR]

by ticketport | 2009-01-11 18:44 | 人生
2009年 01月 07日

ミラーズ

a0109625_13191661.jpg


今年も皆さんよろしくお願いします。
いっぱい作品をご紹介したいと思います。
映画といえば・・・・・「ちけっとぽーと」!

昨年観た作品ですが・・・・。

怖くてずっとコート着たまま観ました。

ぎゃ~~~!!!

ただ単にホラーっていう映画ではなくて
すっごい脚本がしっかりしているので
さらに面白さ倍増って感じです。

最初っから最後まで内容は言えない感じです。


主演は「24」キーファー・サザーランドです。
(この作品でも彼は不死身でおもしろい)

ぜひ!

[PR]

by ticketport | 2009-01-07 13:23 | サスペンス