シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 31日

「SEX AND THE CITY 」IN 新宿ピカデリー!!!

a0109625_19321798.jpg


遅ればせながら、新しくできた新宿ピカデリーの偵察(?)へ行って来ましたYO!

新しいだけに、キレイ。
大好きな新築の匂いが漂ってたから
鼻の穴大きく開いて「フゥ~~フゥ~~」深呼吸してました。

設備もすごいです。

座席指定のときって、それぞれのスクリーンの座席表が紙に
印刷されて係りの人が好みに合わせて案内してくれるじゃないですか?

ここは係りの人のとこにある画面に座席表が映し出されて
空いてるとこの座席がわかるようになっていて
「そこの中から選んでね!」って言われるんです。

思わず係りの人に「かっこいいですねぇぇ」って
言っちゃいました。

各スクリーンの入り口にもタイトルだけでなく
画像で作品案内されているので、
迷うことなく入場ができます。

----------------------------------------------------------------------
「SEX AND THE CITY」を観ました。
すごい楽しみすぎて、裏切られたらどうしよう?って
期待する気持ちを抑えて抑えて、
友達と挑んできました。


う・・・・・・・予想以上に何倍も面白かったです。
よ、よかったよ・・・・・・。

ドラマが4年前までやってて、
その後なんですけどね。

私、このドラマで英語勉強してたりしてたので
かなり思い入れが深いの作品でもあります。

仲良し4人組の女性の人生がそれぞれ描かれています。
本当にいろいろあるの。恋も仕事にも。
彼女たちも今は40代へ突入、
いろんな問題を抱えて生きてて、共感するところが
多くあったり、なかったり。
だって、ゴージャスな生活なんだもの。
みんなで優雅な食事をして、素敵な洋服、素敵な靴、バッグを
持ってN.Y.を歩く姿にはため息ものです。

とくに今回は、主演のキャリーがいろいろなデザイナーの
ウエディングドレスを着て雑誌の撮影をされるシーン。

素敵。素敵過ぎる。

長くなってきましたので、ここいらで。

※注:ただ単に、おしゃれを楽しむ映画ではございません。


もう1度観よ・・・・・。
ドラマのDVD揃えよ。

[PR]

by ticketport | 2008-08-31 19:32 | ラブストーリー
2008年 08月 25日

デトロイト・メタル・シティ

a0109625_21135062.jpg

まだ月曜日だっていうのに
「祝!給料日」ってことで、ご馳走がならぶ我が家の食卓。
大好き「氷結果汁レモン味」でフラフラです。
暴言気をつけます。

「デトロイト・メタル・シティ」観ました。
夏休み、友達がいないから時間潰すために大人買いした漫画の
実写版です。
うわ、悲しい自分(涙)(涙)(そして涙)。
お助けを。

カヒミカリィ・カジヒデキとかを好きな青年、根岸崇一が
なぜかデスメタルバンド「デトロイトメタルシティ」のボーカル
ヨハネ・クラウザー二世になってしまい、奮闘するお話。

漫画だと、エロネタ満載なのね。
でもね、ちょっと控えめ。

それでもさ、女子には言えない言葉とかが出てくるの。
だのに!だ~れ就学前の子連れてきてるの!

「おかぁ~さん、レ〇プってな~に~?」

お~~~~い!!!

松山ケンイチはやっぱりかっこいい。
いい味です。
クラウザーさま、だもんね。漫画から飛び出してきたかんじ。

特別出演カジヒデキも久しぶりです。
あま~い歌声聴かせてくれます。

[PR]

by ticketport | 2008-08-25 21:26 | コメディ
2008年 08月 25日

横浜トリエンナーレ

横浜トリエンナーレ 2008横浜トリエンナーレ公式ホームページ

ちけっとぽーとでは、9月13日(土)から11月30日(日)まで横浜の一帯で開催される
「横浜トリエンナーレ2008」のチケットを販売しています。
前売り一般¥1,600・大学生¥1,100です。

なお、渋谷109・銀座メトロ・池袋パルコ・大宮店では
「横浜トリエンナーレ限定チケットパック」¥3,000を絶賛発売中でございます。
入場券のほか、割引券や特製バッグが付いてきます。

「芸術の秋」と「横浜の秋」を楽しみに、特製バッグを手に持ってぜひ出掛けたいです。


[PR]

by ticketport | 2008-08-25 15:46 | 番外編
2008年 08月 19日

「ベガスの恋に勝つルール」

a0109625_18402481.jpg

ラブコメディ「ベガスの恋に勝つルール」を観ました。

キャメロン・ディアス主演ときたら、やっぱり観ないとね。
一時期心配だった(マルコビッチの穴のときとか)キャメロンも
去年の「ホリディ」で復活!(私見です)

今回もアシュトン・カッチャーと素敵なラブコメディを
魅せてくれます。

婚約者に振られた女性と、仕事をクビになった男性が
ひょんなことからラスベガスで知り合い、酔った勢いで
その日に結婚してしまいます。
次の日、これからのことを話し合おうとするけどケンカになり
別れ際に怒りながら入れたコインで大当たり。

互いに賞金は自分のものだと主張するが
埒が明かずに、裁判へ。

結婚生活を6ヶ月おくることで、賞金を折半という判決が
くだり、2人は嫌々同じ屋根の下で生活することになります。

キャメロンのユーモアの効いた演技はやっぱりおもしろいし、
それなのにあのスタイルとくれば、ため息モノ。
アシュトンもそれに続けとばかりに、いい味です。

周りを取り囲む友人はおバカばかりで
最後まで笑わせてくれました。

酔った勢いで結婚!っていうのもアリかもしれません。


[PR]

by ticketport | 2008-08-19 18:55 | ラブストーリー
2008年 08月 19日

大橋歩夏休み絵本原画展

a0109625_15335996.jpg

駒沢大学駅からすぐにある「IO GRAPHIC」は
イラストレーター大橋歩さんのショップ兼オフィスです。
そこの地下にあるギャラリーでは今、ご本人の絵本原画展が
開催中。
そんなに広いスペースではないですが、「舌きり雀」などの
絵本に使用された原画などが飾られています。

イラストレーターとしてだけでなく、季刊誌「アルネ」をご自分で取材編集
そして発行されてて、素敵な生活や料理、街そしてファッションなどを紹介を
してくれます。

手の届かないようなモノや事柄ではなく、身近に感じられることばかりで
これなら私も!って思えます。

シネマではないけど「大橋歩」の紹介でした。
[PR]

by ticketport | 2008-08-19 15:33 | 番外編
2008年 08月 14日

『たみおのしあわせ』

シネスイッチ銀座にて観てきました。
映画は終わりかけ・・・くらいのすいている時期に観るのが
好きです。
見逃すことも多くて、危険なのですが。。

父親とふたり暮らしのたみおの『結婚』にまつわる話なのですが、
所々びっくりさせられます。
心の中で何回か「うそ~」と叫びました。
監督が岩松了って感じがします。

最後には この親に、この子あり。っていうのが
すご~くよくわかります。

出ている役者さんもすばらしく、みなさん良い味を出されていて
元気な清志郎さんの姿も見られます。

ちなみにたみおは民男と書きます。

あ、画像がなくて、ごめんなさい。

池袋店 M
[PR]

by ticketport | 2008-08-14 13:45 | ほのぼの
2008年 08月 13日

国立演芸場八月中席

a0109625_2192563.jpg

ちけっとぽーとの本社はお休みです。
スタッフの皆さん、ごめんなさいね。
お客様、お店は営業しています!(大宮店は14日までちょっとお休みです)

本社の私は夏休み1日目。
汗だくになって遊ぼう!
日が暮れる前から酔っ払おう!と心に誓う。

産経新聞にインタビュー記事が掲載されていた
歌丸さま「江島屋怪談」を聞きに
国立演芸場へ行って参りました。

加齢臭に囲まれてしまい、負けずに汗臭さで対抗。

歌丸さまはもちろんトリでございます。
それまでに7組の方たちが出演されました。

前座
<落語>桂 花丸
<ものまね>江戸家 まねき猫
<漫才>Wモアモア
<落語>雷門 助六
仲入り
<落語>春風亭 柳好
<曲芸>ボンボンブラザーズ
<落語>桂 歌丸

こんな感じでした。

毎日同じこと言ってんだろうなぁ、って思うけど
それを感じさせる人と、感じさせない人。
本当に人を楽しませようとしてる人と、
仕事って感じで、こなしている人がすごい分かれてるように
思いました。
なんか、わかったんです。

そういうところって、すごい感じますよね?
いくらおもしろいこと言ってたとしても、
口だけ動かしてるんじゃ、観てる側だってお腹の底から笑えない。

歌丸さまは出てきたときから違いました。
オーラがすごいの。ピカピカッ~~!!って。
そして丁寧な話し方と、丁寧なお辞儀、
そして懸命な話方に、歌丸さまの人気はここにあるのだろうと
感じながら帰って参りました。

<江島屋怪談>
貧しい家に暮らす娘は器量が良く、金持ちの家の息子に見初められ
結婚となる。結婚資金として大金を婚約者から預かり、婚礼衣装を
準備しに江戸へ行くが、呉服屋で作りの悪いものを買わされる。
式でそのことを馬鹿にされた婚約者は娘との結婚を取りやめてしまう。
娘はショックで自殺、母親は呉服屋の人間を呪い殺すことを誓うのだった。
[PR]

by ticketport | 2008-08-13 21:09 | 番外編
2008年 08月 10日

「ダークナイト」

a0109625_2185481.jpg


「ダークナイト」を観ました。

バットマンシリーズ最新作なのにタイトルから「バットマン」が
消えています。

バットマン=みんなのヒーローとはいかない作品だからなのでしょうか?

「正義」VS.「悪」を描いた作品です。
それでも観てて、何が正しくて、何が悪いのかだんだんわからなく
なってくるんです。

人間の奥底には必ずや「悪」が棲んでいるって証明させたい
最強悪役のジョーカー。

「正義」を貫こうとするバットマンに対する世間からの非難。

単なるヒーローものではないこの作品に
何か新しさを覚えました。

ジョーカー演じるのは今年1月に急死したヒース・レジャー。
目的はお金でも地位でもなく世の中に「悪」そのものを生かすこと。
これをまさしく表現した彼の演技は鳥肌ものです。
ジャック・ニコルソンを思わせるほどの怪演。
洒落の利いた言動、スマートな動きにがさらに「悪」を
引き立たせるのです。

9日(土)から始まったばかりなので
ぜひ劇場の大きなスクリーンにて鳥肌立たせること
お奨め致します。

クリスチャン・ベールのスーツ姿を楽しむのも忘れずに。


[PR]

by ticketport | 2008-08-10 21:49 | アクション
2008年 08月 09日

「ハプニング」

a0109625_22234381.jpg

銀座へ出たらオリンピックの為か人がやたらと少なくて
歩きやすかったです。
高校野球→重量挙げ→やわらちゃん→高校野球→映画→やわらちゃん。

「ハプニング」を観ました。
口コミではつまらないと非難GOGOだったし、ある映画ライターさんは
ひど過ぎるって書いてたから、それを鵜呑みにしちゃってたけど
人の意見はやっぱり人の意見だから、
私は私の視点からこの作品を観ようと思って映画館へ向かいました。

「シックス・センス」の監督、ナイト・シャラマンの最新作。

簡単に言えば、人間が行っている環境破壊に対して
いよいよ自然が怒り、人間を排除しようと行動を起こしたお話です。

怪獣も救世主も出てきません。
CGもほぼゼロ。

だから余計に恐ろしい。
相手は「自然」で、もはや助かる方法はない。

印象的なのは「自然」が憎むべき「人間」を殺すのではなく、
自ら命を絶たせるよう仕向けること。
環境を破壊してきた「人間」は、自ら己を罰すべきと言わんばかり。

ラストシーンは2度訪れます。

人の意見は気にせず、
自分の目で作品を観るべきだと思った作品でした。



[PR]

by ticketport | 2008-08-09 22:42
2008年 08月 07日

P.S. アイラヴユー

a0109625_22411944.jpg

久しぶりのラブストーリー。
「愛」はやっぱりいい。

10月18日(土)公開の「P.S.アイラブユー」を観させて頂きました。


ヒラリー・スワンク演じる妻と、映画「300」でレオニダス様を演じた
ジェラルド・バトラー演じる夫との永遠の愛のお話。

何と申しましょうか。
皆さん、結婚したくなりますよ。必ず。
永遠の愛なんてないさ。なんて思われてる方が見たら
きっと泣いてしまう。
それくらいの夫の大きい愛に包まれた妻がうらやましくてならない。

というのもジェラルド・バドラーが格好良過ぎるから?
筋肉のつき方。
肩幅、ギターの弾き語り。

あっと、作品の内容お伝えしておりませんでした。

夫が脳腫瘍で他界。
たくさんの夢を抱いた夫婦だっただけに
妻の喪失感は計り知れず。

そんなとき死んだはずの夫から手紙が届く。
「これから毎月君に僕からの手紙が届くよ。
僕の計画が記されているから必ず実行してくれ。」

それは愛する妻のために自分がいなくなったその後を
心配しての夫の計画だった。

舞台はN.Yとアイルランド。
相対的なロケーションがまた素晴らしいです。

[PR]

by ticketport | 2008-08-07 23:13 | ラブストーリー