シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2008年 04月 29日

犬と私の10の約束

「犬と私の10の約束」を観ました。
最近大活躍の田中麗奈主演。頑張りすぎないでよぉ。
そして加瀬君も出てます。ギタリストです。

同じ列には、私と同じく1人で来てるばあちゃんが座ってました。
かっこいいぜ。ばあちゃんになって1人で映画鑑賞。
ばあちゃんは好きで1人で観てたんじゃないかもしれないけど
私は勝手に憧れます。

ある少女とゴールデンレトリバーのソックスとのお話。
少女がソックスを飼う時に親と約束した
「犬との10の約束」をもとに物語が進んでいきます。

まあ、泣きに行ったので泣きましたが・・・・・・。
ハンカチ忘れて、手で拭いました。
男前ですいません。

動物はいつか死んでしまう運命だから
生きれている間は、幸せな時間を多く味わいたいと願うのです。


a0109625_18105082.jpg


「犬との10の約束」
①私と気長につきあってください。
②私を信じてください。それだけで私は幸せです。
③私にも心があることを忘れないでください。
④言うことをきかないときは理由があります。
⑤私にたくさん話しかけてください。
 人の言葉は話せないけどわかっています。
⑥私をたたかないでください。本気になったら私のほうが
 強いことを忘れないでください。
⑦私が歳をとっても仲良くしてください。
⑧あなたには学校も友達もいます。
 でも私にはあなたしかいません。
⑨私は10年くらいしか生きられません。
 だからできるだけ私と一緒にいてください。
⑩私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。
 そしてどうか覚えてていてください。
 私があなたを愛していたことを。



[PR]

by ticketport | 2008-04-29 18:24 | ほのぼの
2008年 04月 27日

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

シャンテシネで「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を観ました。
主演のダニエル・デイ=ルイスが今年度アカデミー賞を受賞した作品。

a0109625_18271082.jpg

予告なども合わせると3時間くらいあったけれど、あれ?もう終わっちゃうよと名残惜しい感じもする。

「石油」に人生すべてを捧げた男の話。
最初から最後まで「石油」に包まれ、
その中には「欲」「権力」などが混ざっている。

ダニエル・デイ=ルイス演じる主人公の
すべてを「敵」に回す姿の中で
本心を探ろうと思ったけど、探れず終わった。
彼の演技にやられたな。

彼について回る伝道師がまたクセ者。
この役、演じるのは
「リトルミスサンシャイン」でお兄ちゃん役だったポール・ダノ。
あんたも、十二分に不気味だったよ。

この2人に包まれた作品が
RADIO HEADのジョニー・グリーンウッドの音楽で
さらに不気味になる。

息子役ディロン・フレイジャーも、幼いながらに持ち合わす
目の力。

やっぱり、もう1回観に行こう。



[PR]

by ticketport | 2008-04-27 18:27 | 人生
2008年 04月 19日

モンゴル

今年のアカデミー賞で話題になった「モンゴル」を観ました。
劇場はおじさんばかりでした。
こちらとしても年配の方が多いほうが落ち着きます。

a0109625_21325019.jpg

モンゴルの伝説の王と言われるチンギス・ハーンの人生。
チンギス・ハーン役に浅野忠信。

たぶん浅野忠信が出た作品で一番良かったかも知れないなぁ。

思えば10年前くらいにCHARAと結婚してしばらくは
「CHARAの旦那さん」って呼ばれてたけど、
最近では「浅野忠信」、一俳優となってて嬉しいです。
大学生のころ、よく浅野忠信主演の映画を観に行きました。
「Helpless」「Focus」とか。
クセのある役ばかりで、実生活でもこういう人だったら
どうしようかと思ったときもあったなぁ。

あっと、話がそれました。

12世紀モンゴル。
頭領である父を殺されたテムジン(のちのチンギス・ハーン)は
他の部族より命を狙われます。
許婚との結婚でようやく掴んだ幸せも壊され、
妻は、敵に自ら身を投じ、テムジンを逃がします。

盟友の力を借りて敵陣へ乗り込み、妻を取り戻します。
盟友の部下達は、そんなテムジンの姿に惹かれて行きます。

そんな様子をみて盟友は「モンゴルには頭領は2人もいらない」と
テムジンを討とうと戦いを挑み勝利を収めます。

1度はその戦いに負けたテムジンでありましたが、
さまざまな逆境に立ち向かいながらも、ある野望を果たすために
再びモンゴルの大地に立とうとするのでした。

ほとんどの出演者が男性で「男の映画」って感じではありますが、
女性の私でもすごいおもしろかったです。
でも血がビュービュー出ますので、そういうのが
いやな方は避けて頂いた方がよろしいかもしれません。
(残虐的ではないですが)

チンギス・ハーンが帝国を築き上げるまでの壮絶な人生や、
戦いの上手さ、モンゴルのいろいろな意味での大きさが
素晴らしく描かれていました。

他の出演者の人たちの目力もすごいです。





[PR]

by ticketport | 2008-04-19 22:11 | 人生
2008年 04月 19日

ブラックサイト

a0109625_2114575.jpg
どこのサイトだったか、開くと必ず「ブラックサイト」のPRが流れる。
思うツボって感じで、気になって、「ブラックサイト」を観て来た。
ちょっと前に噂になったシネパトスへ。

ネット上で、ある仕掛けをされた人を映した映像がライブで流される。
そのサイトを1人が見ると同時に仕掛けがスタートし、アクセス数が
増えれば増えるほど仕掛けのスピードが速まって人を殺めてしまう。

つまりアクセスした人、皆が殺人者になってしまう。
何とも今の世の中を象徴していて、ウマイ。
だけどある意味これほど恐ろしいこともないでしょう。

その何とも賢い犯人とFBIサイバー犯罪女性捜査官との戦い。

愉快犯かと思ったら、時間が経つに連れて
思いがけないところで、話が繋がってくる。

個人情報保護法で、我々の情報は守られているかのように
思えるが、なんのその。
この作品を観ていると、情報は蔓延るばかりに思えてならない。





[PR]

by ticketport | 2008-04-19 21:25 | サスペンス
2008年 04月 18日

「隠し砦の三悪人THE LAST PRINCESS 」5月10日公開

a0109625_2326895.jpg

今日も芳しくない天気でしたね。
皆さん、交通機関は大丈夫だったでしょうか?

さて本日は「隠し砦の三悪人」を試写室で観させて頂きました。
「感謝!」

黒澤明が50年前に製作したオリジナル「隠し砦の三悪人」は
ジョージ・ルーカスが「スターウォーズ」を創る際にベースとした
と言われる世界的傑作と呼ばれています。

といっても、私、「スターウォーズ」もオリジナル作品も観たことない
失格者でございまして。
何とも自分には遠い作品かと思いながらの鑑賞。

いやいやしかしこれが・・・・・・。

戦国時代に国境を接する2つの同盟国と1つの国の争い。
陥落した国のお姫様、残党、そして労役から逃亡した民の2人。
この4人が、敵から逃れて目指すは同盟国。

ちょっと時代劇になってしまうと言葉が難しく
なって、避けがちではありますけれど、
一旦、観始めると、気にならなくなっちゃう。

私は「剣客商売」とか大好きなんで
もともと気にならない人ではありますが・・・・・・・・。

ただのアクションじゃなくて、
身分の違いから生まれるさまざまな問題が
盛り込まれてて、
ラストもそこのところが大きく関係してます。

お口にチャック・ウィルソン。

この作品から黒澤明やスターウォーズを知るのもいいですね。


[PR]

by ticketport | 2008-04-18 23:48 | アクション
2008年 04月 13日

クローバーフィールド

皆さんは1999年に公開された
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を観ましたか?
私はその頃銀座でバイトをしてて、映画仲間とバイト終わって
東劇までダッシュしましたねぇ。

あの脱力感。
結局ベールに包まれたままだった「謎」。
上映終了後も引きづったままの恐怖感。
会話もなく有楽町でしたバイバイ。

今では笑い話になったはずの、あの恐怖が・・・・・・・。

a0109625_2032746.jpg

「クローバーフィールド」

出世して日本へ旅立つ友達のために
仲間が開くさよならパーティ。
みんなからのメッセージを録画するために用意された
ビデオカメラ。

N.Yのあるアパートの一室で繰り広げられるパーティ。
人々の生活を垣間見てる前半にちょっと退屈を覚えようとした
その時におとずれた爆音。

そこから人々は、N.Yはパニックへ陥れられていく。
その原因をすべて知るのはあのビデオカメラ。

一般の人々が恐怖に包まれたなら
こんな行動に出てしまうんだろうという愚かな様子に
でも、だから身近に感じて同じくパニックに
なってしまいそうになる。
拳銃だって持ってないし、スーパーヒーローが
助けに来てくれるわけでもない。
その恐怖から逃げるしかないのだから・・・・・・・・。


[PR]

by ticketport | 2008-04-13 20:46
2008年 04月 13日

うた魂♪

渋谷シネクイントで「うた魂♪」を観ました。
a0109625_0341328.jpg

私が通ってた中学校では毎年合唱コンクールが催され、
クラスで学年課題曲とクラス自由曲の2曲を合唱して
優勝すると区の代表会に出場することができました。

中学生って思春期真っ只中で真剣に唄うなんてかっこ悪いとか
好きな先輩が観てるのに大きな口あけられなぁい。
とかなんとか・・・・・・。
か細い声で歌ってる子が多かったんですけど、
なぜか私のクラスはそんなこと言う子が1人もいなくって
みんなで毎日居残り練習してました。
今振り返ってもすばらしかったなぁ~~~。
女の子のソプラノと声変わりしたての男子のアルトが
重なりあったとき、感動です。鳥肌実。

それを思い出したのです。この作品。

自分に自信たっぷりな合唱部に所属する女子高生。
でもあるきっかけで自信喪失。
そしてある出会いで今までの自分に何が足りなかったのか
気付かされる「合唱」青春ムービー。

お笑い要素もたっぷりですが
合唱シーンにじんわりきちゃって、昔を思い出しました。
(昔を懐かしんでばかりじゃいけないんだけど)
いわゆる合唱曲ばかりではなく
私たちが良く耳にする曲を合唱してるので
「あぁ、こんな風に唄えるんだね」って
また感動。

私的にはMONGOL800「あなたに」で震えました。

「人にやさしくされた時、自分の小ささを知りました。
あなた疑う心恥じて、信じましょう心から。」

上映終了後、みんなが学生時代の合唱した思い出を
口々に語っていたのが印象的でした。






[PR]

by ticketport | 2008-04-13 00:57 | 青春
2008年 04月 12日

国宝薬師寺展

a0109625_23472530.jpg

すばらしい天気の中、上野にある東京国立博物館へ行ってきました。
最初の写真は国立博物館の中でも私のお気に入り
「法隆寺宝物館」です。
めっちゃいいです。おすすめです。
初めて言ったときのあの感動を皆に体験してもらいたい!
「静寂」を味わいたいときはこちらへ。
a0109625_0241915.jpg

続きましてメイン「国宝薬師寺展」。
国宝である日光・月光菩薩さまが東京へ初めての2人旅。

おいでませ。

3月に放送された「情熱大陸」にて国立博物館の
展示デザイナーである木下史青さんが取材されていて
この「薬師寺展」で、普段薬師寺に訪れても観ることのできない
日光・月光菩薩さまの背中をどう我々来館者に観てもらおうかと
苦悩されてました。

あ、展示デザイナーとは→
展示物の配置・照明そして保存をプロデュースされるお仕事で
木下さんは日本で初の博物館展示デザイナーです。

初めて借りた
「音声ガイダンス」は市原悦子さんがナレーション。
これが、すばらしい。聴き入ります。
あってるんですよね、お寺と市原悦子。

音声ガイダンスには薬師寺の行事、修二会で捧げられる
声明「称名悔過」も聴けますよ。渋いけど、興味津々「声明」。

日光月光さんをこんな間近で観ることができて、
周りくるくる歩けちゃって・・・・・・。感動ですよ。

薬師如来さまに2人がくいっと腰をくねらせて
いつまでもいつまでも国をお守りくださることを願ってます。
薬師如来さまがきっと寂しがっているから早く奈良へって思うけど
もう1回私が上野に会いに行くまでもう少し春の東京を
楽しんでてくださいね。



[PR]

by ticketport | 2008-04-12 23:47 | 番外編
2008年 04月 06日

「アメリカを売った男」

a0109625_1752439.jpg

シャンテシネにて「アメリカを売った男」を観て来ました。
2001年、アメリカで20年もの間スパイ活動をしていた
FBI捜査官の男が逮捕された。
彼はどうやって人々を騙し続けていたのか?
彼はどうやって逮捕されたのか?
アメリカを震動させた真実の事件の裏側とは?

クリス・クーパー演じるスパイの男の泣きそうなこの表情。
前売り鑑賞券にも同じデザインが写されていて
それを観た時「観たい!」って思いました。
併せて気になったこのタイトル。

観たい作品って松田聖子じゃないけど「ビビビ」って
くるもんですよね?

騙すか騙されるかの内容で
私も騙されないように気をつけるようにしたけど
結局騙されてしまいました。
最後は何とも切なく悲しい結末だけど
それは致し方ない。

いろんな感情が巡るこの作品と、
クリス・クーパーの演技に拍手です。

それにしても本当にアメリカであった話だなんて
驚かずにはいられないのです。

a0109625_19174624.jpg




[PR]

by ticketport | 2008-04-06 17:52 | サスペンス