シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ヒストリー( 4 )


2012年 04月 22日

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

最近映画館へ通ってます。
いろんな人たちが場内にいらっしゃるので
それだけで胸がワクワクします。

今回は「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」をご紹介です。

a0109625_19174976.jpg
© 2011 Pathe Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.

イギリス初の女性首相。

夫、そして子どもとの生活を犠牲にしても
国民、イギリスのために働いた彼女の強い心。
隠された女性としての顔。

鉄の女と呼ばれた女性首相の素顔。

世の中が「強い」と言う人たちは本当は繊細で弱い部分も
多く持っているはず。

その人たちが「強く」いられるのは
「弱さ」を見せられる人の存在があるからこそ、だと思います。
サッチャー首相の場合、
間違いなく旦那さんの援助あってこそ。

彼女が首相となり日本で言う「首相官邸」のような場所へ
引っ越しをし、彼女が初めてその家に足を踏み入れる
シーンがそれを物語っているようでなりません。
[PR]

by ticketport | 2012-04-22 19:30 | ヒストリー
2009年 09月 21日

火天の城

舞台は天正4年・・・・・・。

って言われても歴史で「4点」とったことのある私にはさっぱり。
ましてや織田信長が、いまいちピンきません。

「漫画で読む日本の歴史」でも断念した私が
ついにこれで織田信長=安土桃山(天正)となるまでに
たどり着いたのです。
(いくつだよ!)
(人生は一生勉強だろ)

いやぁ~~~映画って勉強になるなぁ。

というわけで「火天の城」を観ましたよ。
a0109625_19391322.jpg
© 2009「火天の城」製作委員会

天正4年。

織田信長が町の今言えば「建築家・棟梁」の岡部又右衛門へ
安土に五重塔を3年で建てるように命ずる。

前代未聞とも言われる、「城」づくり。

幾多の困難にぶつかる又ちゃんと
又ちゃんの職人仲間たち。

果たして、彼らは3年で安土に城は建てられるのか!?

って、簡単に行かないわけですよ。
やっぱりね、壁があってこそ、物語になるわけですから。
壁を越えてこその「安土城」。

この写真。
敵地に又ちゃん(西田敏行)が檜をもらいにいくシーンなんだけど
何日もかけて、ここの敵地まで行って、
敵地だけにいろいろあるんだけど、その中でも
緒方直人演ずる、檜の番人と固い絆を結ぶとこ。
結構、泣けちゃうんです。

アツいんだよね、男たちの結束って。
それだけで涙ですよ。

そしてその男たちを支える女たちもすごい。

その中でも又ちゃんを支える妻(大竹しのぶ)田鶴。
いいねぇ、しのぶさんは。
普段テレビで観ると、のほほ~~~んとしているのに
演技に入ると、なんっつうんですかね。

まさに「女優」です。

まだまだ女性が男性のために尽くしている、この時代の中で
又ちゃんがね、田鶴をバカにしたようなセリフを言うわけです。
最初は謝る田鶴なんだけど、更なる又ちゃんのセリフで田鶴の
表情が変わり涙を流しながら又ちゃんに言ったセリフと彼女の表情が
この作品の半分くらい占めてんじゃないかっていうくらい
いいシーンです。私としては・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

キリがなくなっちゃうんで,このへんで。

余計な芸人が出てきたりして?マークが点灯したりしたけど
「釣りバカ」シリーズが終わっちゃう西田敏行は
私の心配もよそにきっとこれからも名演技を日本映画界に
残していくんだろうねって感じたのでした。







[PR]

by ticketport | 2009-09-21 21:32 | ヒストリー
2009年 06月 21日

剱岳 点の記

昨日から公開になった「剱岳 点の記」を
観ました。

劇場がすごいことになってます。
アツい!
アツいぞ!映画!

ぜひちょっと早めに劇場へ行かれることを
オススメいたします。

a0109625_21205432.jpg
© 2009『劔岳 点の記』製作委員会

浅野忠信・香川照之・松田龍平と、いい男ぞろいのこの映画。
今の邦画界にはなくてはならない、この3人が結集。
さらにはCGなどは一切使用していない作品。

日本地図最後の空白地点を埋めるべく、富山県剱岳の頂点を目指せと
陸軍より司令を受けた測量士、柴崎が仲間たちと共に
まだ誰も達成できていない難関点に挑む壮大な物語。

人間が「夢」を叶えるにはういろんなことが
欠かせなく、それを私たちに投げかけてくれます。

人への敬愛。
人への信頼。
人への謙遜。
我慢、忍耐、勇気、行動、自負。

日本中を自家用車で回って作品を紹介し続けた監督、
木村大作さんのこだわりがようやく観ることができました。

ちなみに“点の記”とは、三角点、水準点などの設置・測量の記録のこと
をいう専門用語です。



[PR]

by ticketport | 2009-06-21 21:43 | ヒストリー
2008年 02月 20日

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー<5月17日公開>

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」公式HPa0109625_1041637.jpg

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」の完成披露試写会に行かせて頂きました。

5月17日公開なので、
内容は極力避けます。
が・・・・・・。(ちょっとだけ)

これはスキャンダルの多いテキサス州の下院議員と
嫌われCIA諜報員、そして恐ろしく人脈のあるテキサス州で
6番目のお金持ちな女性が仕掛けた極秘戦争の実話。

1980年代の世界情勢を勉強して
観たなら数倍楽しく観れただろうに・・・・・・・。

今から情報収集して
再度、劇場スクリーンへ足を運びたいと思うんですけど、
とにかく自分の知識のなさにホトホト疲れちまいます。

皆が笑ってるところで、
笑えなかったし・・・・・・・・・・・。情けない。

反省なら猿でもできるらしいので
人間としている限り、勉強しますよ。

この戦争がきっかけとなり、今の世界情勢が
形成されているとあれば。


CIA諜報員のフィリップ・シーモア・ホフマンの演技が
ダンドツでした。(と、思います)


[PR]

by ticketport | 2008-02-20 11:03 | ヒストリー