シネマ牧場

ticketport.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:サスペンス( 12 )


2012年 12月 01日

悪の教典

伊藤英明に惚れた人!

「は~~~~~~~い!!!!!」

悪の教典観てきました。

お尻丸出し。歓迎します。
伊藤英明かっこいいです。
(海猿観てないもんで、こちらで筋肉美を味わいました。)

But,染谷くんも、ええ男になってきましたな~。

a0109625_2391226.jpg
© 2012「悪の教典」製作委員会.

生まれながら他者との共感能力を持ち合わせない人間がなぜか教師となる。
普段は生徒や周りの教師から絶大な人気を博しているが、
実際はその卓越した知性ですべての人たちを操っている。
自分の思うがままに。
あるとき自分の予定とのズレが生じたことで
校内にいる人間をすべて射殺しようと企む・・・・・・・。

血が何リットル噴き出したことか。

ごはん食べたあとに観ると吐きそうになるかも?
映画のあとだと食べたくなくなるかも?

いやしかし、三池作品初めてかもしれない。

二階堂ふみさんや、
林遣都さんも出てて将来映画界を担う人たちで
溢れていました。
[PR]

by ticketport | 2012-12-01 23:24 | サスペンス
2012年 05月 05日

裏切りのサーカス

a0109625_2361624.jpg


ゲイリー・オールドマン主演
「裏切りのサーカス」を観ました。

場内満席。

暴力シーンなどが一切省かれているのに
言葉の「暴力」と言わんばかりの会話の攻防。

そして「視線」。

そこに隠された「嘘」。

英国諜報部”サーカス”がある作戦を失敗したことで
明るみに出る「二重スパイ」の存在。

スパイは一体誰なのか。

誰を信じて、何を見て、スパイを挙げればいいのか。

捜査のすべてを任されたスマイリーの
司令遂行。

1回鑑賞しただけでは、やっぱり難しいかもしれない。
しかし、彼らの佇まいには「男」がプンプン臭いますぜ。

アクションも好きだけど
頭脳戦もはずせませんね~。
[PR]

by ticketport | 2012-05-05 23:15 | サスペンス
2012年 01月 22日

2/10公開「ドラゴン・タトゥーの女」

完成披露試写に招待頂き、観させてもらいました。

公開をかなり楽しみにしていた
「ドラゴン・タトゥーの女」。

監督:デイビッド・フィンチャー 「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」
主演:ダニエル・クレイグ
    ルーニー・マーラ 

a0109625_20562886.jpg

a0109625_20415687.jpg


40年前に起こった少女失踪事件について
調査依頼を受けた男性と、
彼の調査に協力をするアシスタントの女性が
次第に命を狙われてゆくストーリー。

2回くらい吐きそうになりましたが
もう一度観に行きます。

性描写・暴力系お得意な方、かなりおススメです。

でも私が観させてもらったのは日本で公開するのと
ちょっと違うらしいので
もう少しやわらかくなるかもしれません。
とりあえず皆さまにおススメです。

前売り券は「ちけっとぽーと」で。
[PR]

by ticketport | 2012-01-22 20:57 | サスペンス
2009年 04月 05日

「ザ・バンク」

どうも、こんばんわ。

うちの近くには桜の植わってる大きい公園が存在しまして、
今朝駅近くのスーパーへ行ったら
他の地域からたくさんの方が集合されてました。
すでに「氷〇果汁」を飲み干されてるおじ様もいて、
「休日の昼間に酒、なんとも贅沢ね、うふ♥」
って思った次第です。

今日はナオミ・ワッツ様の美貌をあやかりに
「ザ・バンク堕ちた巨像」を観てきました。

a0109625_20551358.jpg


最近のナオミ様は「ファニーゲームUSA」にも出てらしたんですけど、
いかんせんあぁいう作品はキューンとなっちゃいますんで。
遠慮させて頂きました。

「ザ・バンク」は巨大銀行IBBCの不正を暴こうと
捜査官(クライブ・オーウェン)と
検事のエラが組織陰謀に立ち向かう物語。

2人がどんどん事件の真相に迫れば迫るほど関係者が
殺されていっちゃうのよね。
特に演説者が暗殺されるところなんて、心臓が高鳴って
仕方ないし、美術館で追い詰めた暗殺者がまた別の人間たちと
撃ち合うとこなんて
「も、もうやめてくれ~~~!!!」っていうくらい
血が噴き出るわ、人は死ぬわのてんやわんや。

つまり2人にこれ以上この件に関して捜査するなっていう
忠告なんですよね。

「正義」VS「あたりまえの不正」

「正義を貫くには、多くの犠牲が伴い、枠の中から飛び出す
必要がある」

そして最後のシーン。
これは我々に何か問いかけられている気がしました。
あたりまえを覆すということは
そんなに簡単ではないと、大画面に映し出されたと
私は捉えました。

クライブ・オーウェンとナオミ・ワッツは全然恋仲とかでは
ないんです。
それでも2人の関係は力強い。
お互いを認め、お互いを尊重する間柄にジーンときました。


[PR]

by ticketport | 2009-04-05 21:12 | サスペンス
2009年 03月 08日

パッセンジャーズ

最近曇り模様、雨模様ばかりで萎えますね。
そんなときはやっぱり映画ですかね。

you tubeでアカデミー賞の授賞式を観るのが先週のマイブーム。
女優は、やっぱり女優。
オ~ラが凄すぎます。
ライトの当たり方もハンパない。
それじゃなくてもキレイなんだから、一般ピポの私なんか
ライト持ち歩かないと罪だよね。

そんな中でも超いい人に映ってたのは
「アン・ハサウェイ」。
大きい眼を輝かせて、自分が逃した賞でさえ
賛辞を懸命に贈ってた・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

a0109625_11123992.jpg


そのアン・ハサウェイ主演の「パッセンジャーズ」を
観てきました。
予告から気になってたんだけど、「フライトプラン」の二の舞に
なりそうで、でもネタとしてそんなのを期待している自分が
いたりして。

そうしたら予想外にも、裏切られました。わたし。

飛行機事故で生き残った5人をセラピストのクレアが担当することに。
しかし、謎が解き明かされそうとすると、次々と生存者が失踪し、
クレアにの周りにも不可解な現象が起こり始める。

彼女の単なる妄想か?
それともすべて仕組まれた罠なのか?
事故の真相はいったい?


むむむ・・・・・。続きは言いませんぞ!

生存者の1人を演じるパトリック・ウィルソンは
やっぱりいい男。
「リトル・チルドレン」ときもそうだったけど
彼の胸毛なら気にしません。

[PR]

by ticketport | 2009-03-08 11:16 | サスペンス
2009年 01月 07日

ミラーズ

a0109625_13191661.jpg


今年も皆さんよろしくお願いします。
いっぱい作品をご紹介したいと思います。
映画といえば・・・・・「ちけっとぽーと」!

昨年観た作品ですが・・・・。

怖くてずっとコート着たまま観ました。

ぎゃ~~~!!!

ただ単にホラーっていう映画ではなくて
すっごい脚本がしっかりしているので
さらに面白さ倍増って感じです。

最初っから最後まで内容は言えない感じです。


主演は「24」キーファー・サザーランドです。
(この作品でも彼は不死身でおもしろい)

ぜひ!

[PR]

by ticketport | 2009-01-07 13:23 | サスペンス
2008年 12月 13日

チェンジリング


これは真実の物語です。

a0109625_21152130.jpg


来年の2月に公開となる
クリント・イーストウッド監督作品「チェンジリング」を
いち早く観させて頂きました。

2時間20分。

こんなにも場内全体で物語の行く末を息を呑み待っている
雰囲気を感じたのは久しぶりです。

主演はアンジェリーナ・ジョリー。

1928年。

シングルマザーのクリスティンは、
息子のウォルターを家において後ろ髪ひかれながらも
休日出勤をする。

帰宅すると息子の姿はなかった。

5ヵ月後、
警察より息子が見つかったと連絡が入り
迎えに駆けつけると
まったく別人の子供が「ママ」と近寄ってきた。

ここからクリスティンの長い闘いが始まる。

これくらいしか内容は書けません。
すごい濃い内容です。
これで終わりかと思えば、そんなもんじゃない。

ショッキングな場面で目を覆うことさえ忘れるストーリー。

絶対、観てください。

来週からちけっとぽーとで、前売り券販売開始です。



[PR]

by ticketport | 2008-12-13 21:37 | サスペンス
2008年 04月 19日

ブラックサイト

a0109625_2114575.jpg
どこのサイトだったか、開くと必ず「ブラックサイト」のPRが流れる。
思うツボって感じで、気になって、「ブラックサイト」を観て来た。
ちょっと前に噂になったシネパトスへ。

ネット上で、ある仕掛けをされた人を映した映像がライブで流される。
そのサイトを1人が見ると同時に仕掛けがスタートし、アクセス数が
増えれば増えるほど仕掛けのスピードが速まって人を殺めてしまう。

つまりアクセスした人、皆が殺人者になってしまう。
何とも今の世の中を象徴していて、ウマイ。
だけどある意味これほど恐ろしいこともないでしょう。

その何とも賢い犯人とFBIサイバー犯罪女性捜査官との戦い。

愉快犯かと思ったら、時間が経つに連れて
思いがけないところで、話が繋がってくる。

個人情報保護法で、我々の情報は守られているかのように
思えるが、なんのその。
この作品を観ていると、情報は蔓延るばかりに思えてならない。





[PR]

by ticketport | 2008-04-19 21:25 | サスペンス
2008年 04月 06日

「アメリカを売った男」

a0109625_1752439.jpg

シャンテシネにて「アメリカを売った男」を観て来ました。
2001年、アメリカで20年もの間スパイ活動をしていた
FBI捜査官の男が逮捕された。
彼はどうやって人々を騙し続けていたのか?
彼はどうやって逮捕されたのか?
アメリカを震動させた真実の事件の裏側とは?

クリス・クーパー演じるスパイの男の泣きそうなこの表情。
前売り鑑賞券にも同じデザインが写されていて
それを観た時「観たい!」って思いました。
併せて気になったこのタイトル。

観たい作品って松田聖子じゃないけど「ビビビ」って
くるもんですよね?

騙すか騙されるかの内容で
私も騙されないように気をつけるようにしたけど
結局騙されてしまいました。
最後は何とも切なく悲しい結末だけど
それは致し方ない。

いろんな感情が巡るこの作品と、
クリス・クーパーの演技に拍手です。

それにしても本当にアメリカであった話だなんて
驚かずにはいられないのです。

a0109625_19174624.jpg




[PR]

by ticketport | 2008-04-06 17:52 | サスペンス
2008年 03月 28日

「フィクサー」4月12日(土)公開!

a0109625_9595260.jpg


桜開花ということで、文字の色も
ピンク。読みにくかったらごめんなさい。

昨日試写会へお邪魔させていただき
4月12日(土)から公開となる
我らがジョージ主演「フィクサー」を
観てきました。

「フィクサー」とは・・・・・・・・。
いわゆるモミ消し屋。

巨大弁護士の集まる事務所に雇われている
フィクサー=マイケル・クレイトンが
巨大な陰謀に巻き込まれるお話。

アメリカらしい訴訟問題から生まれる
裏事情に驚嘆。
でも本当に社会でこんなことが
繰り広げられてたとしたら、恐ろしい。

問題はそれだけじゃなくて人間関係も
いろいろとあって、
一旦相関図を書きたくなる。

米ドラマ「ER」でも小児科医として働きながらも
プライベートで問題を抱えてる姿に母性本能を
大いにくすぐってくれたジョージが
またもや私を!

本年度アカデミー賞にて
ティルダ・スウィンストンが助演女優賞を
今作品にて受賞しています。




[PR]

by ticketport | 2008-03-28 10:25 | サスペンス